津和野文化ポータル

津和野文化ポータル

  1. 津和野城跡

津和野城跡

  • 国指定 史跡

施設のイメージ

 津和野城は標高362mの霊亀山上にあり、山麓からの比高は約200mを測る典型的な山城です。築城は吉見頼行・頼直が永仁3年(1295)から正中元年(1324)にかけて行なったと伝えられます。吉見氏が築城した中世山城は、関ヶ原の戦い後の慶長6年(1601)に3万石の大名として入城した坂崎直盛によって、高石垣を有する近世城郭へと大改修されました。元和3年(1617)に因幡国鹿野城より亀井政矩が 4 万3千石の大名として入城後は、亀井氏11代の居城として明治維新まで続きました。
 津和野城は、本城のほかに出丸(別名:織部丸)がある一城別郭の城であり、その間に大手道を設けるなど極めて実戦的な山城でした。かつては本丸・二ノ丸に三重天守と櫓がありましたが、貞享3年(1686)の雷火で消失した後は再建されませんでした。明治 7~8年(1874~1875)に城の建物の大半は解体されましたが、現在も山上には段状に連なる壮大な高石垣が残っており、人力で行われた大土木工事の跡を見ることができます。なお、津和野藩の藩庁は、城山の北東側の山麓にありました。

ページトップに戻る